ビーグレン

ビーグレンで効果を実感するまでの期間はどのくらい?

投稿日:

ビーグレンは、シミやくすみ・シワに悩む女性のお肌のために作られたアイテム。

頬や目元・口元に目立ってきたものを、徐々に薄くしてくれる効果があると話題になっていますよね。

今まで、入念なケアをしてきたとしても、隠しきれなくなったり、暗い印象や老けてみられることが怖くなってくるものです。

 

そこで、今ある悩みを本気でなんとかするために、取り入れるべき成分を配合しているビーグレンの効果が口コミでも話題になっているんです。

ただ、その効果を実感することができる期間は一体どのくらいかかるのでしょうか?

あなたも、ビーグレンの効果を実感できる期間はどのくらいなのかを知って、効率的なケアを進めていってくださいね。

 

ビーグレンの効果は?

ビーグレン,効果,期間,どのくらい

ビーグレンの効果はQuSome®(キューソーム)による浸透テクノロジーがあってこそのもの。

スキンケア成分を肌トラブルの元まで届けると同時に、肌の中に長時間留まり、効果を持続させることを可能にしました。

皮膚バリアを通過して、肌トラブルの元まで成分が浸透していくため、性質が変化しやすい成分も、安定した状態で届けることが可能になったのです。

そのため、長時間、成分が肌の中で留まり、効果を持続することができるため、お肌のことを考えながら効果的な成分を使用することができています。

 

その結果、

  • ニキビができにくくなった
  • 日焼けによるシミができにくくなった・薄くなった
  • 乾燥肌が潤ってきた
  • 気になっていたほうれい線が改善し始めた
  • 小鼻の毛穴が目立たなくなってきた

といった効果を発揮してくれるのです。

 

ハイドロキノン

そんな効果を発揮してくれる成分こそ、ビーグレンに含まれているハイドロキノン。

アメリカの美白ケアでは積極的に取り入れられている成分ですが、日本ではその高い効果の反面『刺激が強いのでは?』といったイメージが先行しているようです。

その点、ビーグレンは独自の手法でハイドロキノンを配合しており、肌の奥まで浸透させることが可能になっています。

敏感肌の方でも本来問題ないところなのですが、アスコルビン酸を配合しているCセラムなどは、過剰に使用することによって乾燥しやすい状態となってしまうと考えられています。

 

ハイドロキノンは、今ある悩みに即効性を発揮する成分として、今ある悩みや過去方続く悩みにも対応してくれるのです。

その大きな効果として、肌に有害な紫外線をブロックし、トラブルの進行を防ぎながら原因にまでアプローチしてくれるというもの。

ただ、これまでのハイドロキノンには

  • 浸透しづらくて普通に塗っても十分に届かない
  • 高濃度で配合すると刺激が強い
  • 参加しやすく、製品の安定性 が悪い

といった課題がありました。

だから、日本ではあまり良い印象を持たれないのですね。

 

そこでビーグレンは、独自に浸透テクノロジーによって、QuSome®化に成功。

肌バリアに近い成分の超微小カプセルでハイドロキノンを包み込んでくれるのです。

QuSome®カプセルの直径は、髪の毛の太さのおよそ500分の1。

だからこそ、肌バリアに弾かれることなく通過して肌トラブルの元まで届いてくれるのです。

 

ビーグレンの効果はどのくらいの期間で実感できる?

ビーグレン,効果,期間,どのくらい

ビーグレンの効果には、美白効果をメインとした

  • くすみ
  • シミ
  • そばかす
  • シワ
  • ニキビ跡

といったエイジングケア効果があることがわかったのですが、その効果を実感するのに必要な期間は、一体どのくらいかかるのでしょうか?

つまり、ダイレクトにこれらの問題にアプローチしてくれる『ハイドロキノン』が効果を発揮するまでの期間を考えれば良いわけです。

 

結論から言ってしまうと、効果には個人差があります。

そもそもハイドロキノンは即効性の高い成分ですので、早い方であれば1週間で効果を実感する方もいれば、3ヶ月以上かかる人もいます。

もちろん、その程度も様々で、気になっていたシミやくすみ・シワが薄くなってきたとか、お肌が明るくなってきたなど感じ方は人それぞれでもあります。

 

シミや赤みがある場合の効果の期間

もともと赤みがあったり、シミが気になっている人では効果を実感するのが早い傾向にあるとされています。

早い方ですと、1週間もしないうちに色が薄くなってきたと実感する人もいるほど。

ビーグレンでは、他の商品では実現することがでいない『浸透力』を可能にしているので、特に赤みやシミといった届きにくい症状に対して高い効果を発揮してくれるのです。

このように、短期間で効果を実感することが可能ではありますが、1ヶ月以上かかることも、もちろんあります。

それについては後述していきますね。

 

しわ・たるみがある場合の効果の期間

こちらも早い方ですと1週間ほどで効果を実感でき、即効性を感じることができる方は多いようです。

平均すると約1〜2ヶ月の間には効果を得ている傾向にあります。

これも、ビーグレンに配合されている『ハイドロキノン』を中心として、その他のサポート成分が効果的に働きかけているのです。

 

しわ・たるみが起きてしまう原因は主に、肌の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などが不足することで、肌の弾力が失われてしまうから。

肌の張りがなくなることによって、肌表面の筋肉や脂肪を支えきれなくなるため、しわ・たるみが起きやすくなるのです。

それを予防していくためには表情筋を鍛えることだけではなく、保湿力を取り戻してあげることが非常に重要となってきます。

 

ビーグレンには、保湿が配合されているのはもちろんですが、その保湿成分の生成を促す成分が肌の奥まで浸透していくんです。

保湿力のある肌が新陳代謝によって肌表面へと押し出されていき、良い循環が生まれていくわけですね。

その結果、しわやたるみが改善されていくことになるのです。

 

ニキビ跡・クレーターがある場合の効果の期

ニキビ跡や、それがクレーター状になってしまっている場合、改善していくには時間がかかるとされています。

やはり効果を実感するまでの期間は2週間〜1ヶ月以上はかかるでしょう。

 

こういった症状の場合、肌に傷がついている深さや面積が広いため、新陳代謝が滞りがち。

そこで必要になってくるのが、その深くなってしまった部分にもしっかり届く浸透力なんです。

ビーグレンの微細な成分なら、クレーターの裏側まで回り込んで肌の内側から押し出すような効果を発揮してくれるので、毎日の継続的なケアによってターンオーバーを促しキレイなお肌を実現しやすい状態を作ってくれるのです。

 

傷ついた肌表面から追い出すことができれば、その後は、傷のついていない皮膚がどんどん生まれ、肌表面が修復されていくわけですね。

ビーグレンのように保湿力が高く、新陳代謝が活発な状態を維持することができれば、ニキビやシミ・シワに対抗するお肌を作ることができるのです。

 

ターンオーバー

ここまでをまとめると、ビーグレンの効果を実感する期間としては

  • 早くて1週間2週間
  • おおよそ1〜2ヶ月以上はかかると思った方がいい
  • 効果には個人差がある
  • 症状によっても変わってくる

といったことがあります。

ここでなぜ、このような差が生まれてくるのかを知っておく必要があります。

 

そもそもお肌にはターンオーバーと言われる新陳代謝の機能が備わっています。

通常28~56日程度で繰り返され、手や足などの末端部になると血行が行き届きにくい事もあり、顔などより比較的遅い傾向にあるようです。

顔は中でもターンオーバーが早く、20代だと28日程度で入れ替わるとされています。

 

しかし、人間は年を追うごとに新陳代謝が低下していきます。

その為、加齢によりターンオーバーの周期が遅れていき、20代では28日程度だったものが30~40代では45日程度まで遅くなると言われています。

シミができやすくなったり傷の治りが遅くなったりするのはこのターンオーバーの周期が遅くなった、つまり新陳代謝の機能が低下している事が原因と言えるでしょう。

だから、効果には個人差がありますし、ハイドロキノンによって高まった新陳代謝でもバランスをみないと、今度は乾燥や敏感肌を招いてしまうこともあります。

 

また、女性の場合、生理などのホルモンバランスの変化や体調によっても変わってくることを予めしっておいた方が良いでしょう。

 

ビーグレンの効果を実感する期間はどのくらいか まとめ

ビーグレン,効果,期間,どのくらい

ビーグレンには美白効果があるのですが、いずれにしても即効性があるとは言え、継続がなにより重要となってきます。

ターンオーバーの周期をしっかりと理解し、カラダの内部の変化がお肌に与える影響もしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

あなたも正しくビーグレンを活用し、美しいお肌を実現してくださいね。

-ビーグレン

Copyright© シミ消しクリームまとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.