ビーグレン

ビーグレンのシミとシワの口コミはどうなの?

投稿日:

年齢を重ねる度に増えていくお肌の悩み。

眉間やおでこ、首元のシミやシワはまさにその象徴であり、あなたを老けさせる大きな要因の1つとなっています。

そうして『エステやクリニックに通わないとダメなのか』と深刻な問題となってしうことに。

ただ、どしても専門店の施術ではお金がかかるだけでなく、不自然な仕上がりになってしまうことがほとんど。

 

そんなデメリットを解消し、手軽で自然にシミやシワをケアすることが可能なアイテムが『ビーグレン』。

ビーグレンの効果は口コミでもかなりの評判になっているのですが、一方で『シミやシワへの効果は本当?』といった不安の口コミもあるようなんです。

ここでは、ビーグレンのシミやシワへの効果は本当にあるのか、口コミをみて確認していきましょう。

 

ビーグレンの口コミ

 

では、ビーグレンの本当にあったリアルな口コミをみていきましょう。

今回注目の、シミやシワといった美白効果などは実際にあるのでしょうか?

また、デメリットはないのか確認しておいてください。

 

ビーグレンのシミ対策効果の口コミ

ビーグレン,口コミ,シミ,シワ

  • 即効性があってくすみがなくなり、毛穴が小さくなって目立たなくなった
  • シミが薄くなった
  • 肌に透明感が出て明るくなった
  • 小鼻の毛穴汚れも気にならなくなりました

ビーグレンには『浸透深度』という全く新しい発想で、こだわりを持った仕組みがあります。

どんなに有効成分を詰め込んだケアをしても、肌に的確に浸透しなければ効果は期待できないのです。

 

確かに効果的な成分は重要なのですが、『浸透』のコントロールもまた同等に重要です。

そこでビーグレンは、肌トラブルの原因となる深度に合わせて的確に届き、しかも有効な成分をたっぷり保持しつづけるテクノロジーとして『QuSome®(キューソーム)』があります。

 

QuSome®粒子の大きさはナノサイズで、直径70~150ナノメートル。

なんとハリの先に約50個おさまるほどの大きさです。

この成分を包み込む小さなカプセルは丈夫なため、クリームやローションゲルに配合しても安定していて、敏感肌に対しても優しい性質となっています。

 

また、ビーグレンには『ハイドロキノン』という成分が配合されており、シミ対してダイレクトに効果を発揮してくれます。

一方で、『ハイドロキノン』は、肌に浸透しづらいうえに、刺激が強いという懸念があります。

しかしながら、ビーグレン独自のQuSome®(キューソーム)化によって、その問題を解決しました。

それによって、効果的な成分を肌にやさしいまま、すばやく角層の奥まで届けることができるのです。

 

ただし、ハイドロキノンには、紫外線などの刺激に弱いという特徴があるため日中の使用は避ける必要があります。

また、使用中は肌が乾燥しやすいとも言われているので、保湿が足りないと感じた場合は、乾燥対策を念入りにすることが重要となってきます。

効果を最大限に引き出すには、使い方にもこだわっていきたいところです。

 

ビーグレンのシワ対策効果の口コミ

ビーグレン,口コミ,シミ,シワ

  • 気になっていたほうれい線がキレイになりました
  • 目の周りのシワが目立たなくなった
  • おでこのシワが気にならなくなりました
  • 口元の乾燥小じわが薄くなってきたんです
  • お肌にハリが出て潤っています

一般的なビタミンC美容液の濃度は4~5%。

対してビーグレンのCセラムは7.5%と超高濃度。

そして何より、『浸透深度』の効果にこだわり、独自のテクノロジーによって肌の内部から潤いとハリを与えてくれるのです。

 

ビークレンは、角質の奥までビタミンCを届ける事に成功し、そこに滞留させて肌内部で働くように作られています。

即効性のあるピュアビタミンCを採用し、より実感力を引出げているのです。

また、ピュアビタミンCを化粧品化したものは非常に少ないと言われており、販売されているものでもビタミンCの濃度が4~5%程度のものがほとんど。

その点、ビーグレンのCセラムは7.5%と高濃度に配合されているため、圧倒的な量を誇っているのです。

だからこそ、気になる小じわや乾燥を改善し、お肌のハリや弾力を引き出してくれるというわけですね。

 

ビーグレンのエイジングケア効果の口コミ

ビーグレン,口コミ,シミ,シワ

  • 化粧のノリが良くなった
  • 若返ったと言われた
  • たるみが改善してきた
  • 翌朝のお肌が全然違う
  • 期待していたよりも効果が早い

ビーグレンに含まれているQuSome®(キューソーム)は、ドラッグデリバリーシステム(DDS)の第一人者ブライアン・ケラーによって開発されています。

ビーグレン独自の浸透テクノロジーで、美容成分を角層の奥まで届けると同時に、肌の中に長時間とどまり、効果を持続させてくれるのです。

肌になじみやすいことに加え、水溶性と油溶性の成分を交互に重ね合わせることで、さまざまな美容成分を同時に届けて効果の実感を早めます。

これが、何層にもわたって包み込まれた成分を徐々に放出する『スローリリース機能』と呼ばれているもの。

 

また、美容成分を超微小カプセルに包み込むことによって、肌への刺激を軽減し、安定した効果を発揮します。

皮脂に近い成分で包み込んでいるので、肌に浸透しにくい成分も角層の奥まで浸透させます。

だからこそ、必要としている箇所に確実に届くのです。

しっかり留まるので、効果が持続するとういことですね。

 

ビーグレン製品にはこのQuSome®が使われていますが、使う人の肌に合った効果的な成分を包み込まなければ意味がありません。

そのため、ビーグレンは日本人女性の肌に合った製品づくりにこだわっています。

 

ビーグレンの悪い口コミ

ビーグレン,口コミ,シミ,シワ

  • 肌に合わなかった
  • 肌荒れした
  • 香りが苦手だった
  • 劇的な変化は特に感じない
  • 洗顔料の泡が立たない
  • 少しベタつく感じがする

ビーグレンは確かな成分と仕組みによって、効果を発揮してくれるのですが、効果を期待するあまりに使用頻度や量が多くなってしまう人も中にはいるようです。

すると今度は多すぎた分がお肌に浸透しきらずに残ってしまうことに。

表面に残ってしまうと、紫外線やほこりと混ざって酸化し、炎症を起こす原因になります。

そのことによってお肌が荒れたり、合わないと実感してしまう人も多いことがわかっています。

 

また、なかなか効果を実感しにくい原因の1つに、季節の変わり目や生理前があることを認識しておきましょう。

これらの時期は肌の状態が不安定になっており、普段使っている化粧品でもヒリヒリします。

そのため、つかいはじめるのは季節の変わり目や生理前を避けたほうが良いでしょう。

 

そして、ビタミンCは

  • 美白
  • シワ
  • ハリ
  • ニキビ
  • ターンオーバー
  • 皮脂抑制

などいくつもの効果を発揮する美容成分です。

一般的な化粧品は多くても3%程度ですが、ビーグレンのCセラムにはピュアビタミンが7.5%配合されています。

そのため、肌のターンオーバーのスピードが上がり炎症が起きやすくなったり、皮脂抑制効果によって肌表面の皮脂が減り、乾燥する可能性も考えられます。

この場合、肌内部の保湿力が足りず、ビタミンCの効果だけが発揮されすぎている状態なので、Cセラムによる肌荒れを防ぐには、肌内部にしっかり保湿成分を浸透させ炎症が起きにくい状態を作ることが必要となってきます。

 

また、今の自分のお肌の状態を知り、予め対策をしておくことも重要です。

年齢と伴にターンオーバーが遅くなりますから、肌の機能が衰えて新しい肌が生まれにくくなるのです。

これは古い角質が滞っている事も原因の一つで、放置するとシワやシミの原因になるからなんですね。

ピーリングで再生を促すことも効果的ですが、毎回行っていてはダメージになり状況は悪化してそいまうことにもなります。

肌を傷つけず、加齢による遅くなったターンオーバーの周期を整えるよう、ビーグレンのように純粋なビタミンCの力を使って優しく働きかけ肌の若返りを目指すことをおすすめします!

 

ビーグレン口コミのまとめ

ビーグレン,口コミ,シミ,シワ

高い美白効果を持っているビーグレンですが、シミ・色素沈着だけではなく、シワ、たるみなどといったエイジングケアにも高い効果を発揮してくれているようですね。

ビーグレンにはトライアル期間もありますので、安心して試すことも可能です。

早い段階で効果を実感されている人がほとんどですので、あなたもまずは試してみてはいかがでしょうか?

  • 今までの化粧品では効果を実感できていない
  • 通販でしか販売されていないからまずはお試ししたい
  • 敏感肌でも安心なものを使用したい
  • 最新の技術・成分で根拠のあるスキンケアをしたい
  • 科学的な根拠のある化粧品を使いたい
  • 即効性のあるものを使用したい

このような方は今すぐ、トライアルから試してみましょう!

在庫の状況やキャンペーの内容が変わってしまったり、終了される前に確認しておいてくださいね!

-ビーグレン

Copyright© シミ消しクリームまとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.