皮膚科

皮膚科でシミ消しをすると料金はどれくらいかかるの?薬も処方してくれるってホント?

投稿日:

シミに関する市販のクリームであまり効果を感じることができないと、次の段階で考えるのは皮膚科でのケアですよね。

しかし実際、皮膚科でシミ消しのケアをするとなると、料金はどれくらいかかるのか気になりますよね。

皮膚科だから、薬も処方してくれるのでしょうか?

 

そこで、今回は、皮膚科でシミ消しをした場合の料金や薬などの情報をご紹介していきたいと思います!

 

皮膚科でもらえる薬って?

皮膚科でシミ消しの相談をすると、もらえる薬として有名なものをチェックしていきましょう。

まずは、外用薬として有名なものは、

  • ハイドロキノン軟膏
  • トレチノイン軟膏

です。

ハイドロキノン軟膏は肌の漂白剤とも呼ばれている、色素を薄くする効果が高い軟膏。

トレチノイン軟膏は、シミ、そばかす、肝斑の治療に使わ、メラニンを生成する働きのあるチロシナーゼの作用を抑えて、シミの元となるメラニン色素の増加を抑制する効果のある軟膏です。

 

そして、内服薬として有名なものは、

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • L―システイン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ

などです。

ビタミンC:シミの元となるメラニン色素の生成を防ぎ、シミを薄くしてくれる働きがある。

ビタミンE:メラニンを作り出すチロシンの酸化を防ぎ、シミをできにくくする。肌の新陳代謝を高め、できてしまったシミを薄くする効果も。

L―システイン:メラニンが生成されるのを抑制される効果がある。

トラネキサム酸:肝斑の改善に効果的と言われており、メラニンが生成を抑制し、シミをできにくくする効果や、肝斑ができる原因を抑制するので、肝斑ができるのを防いでくれる効果がある。

プラセンタ:メラニンの生成を防ぎ、シミができないようにする効果がある。

 

これらを、肌の状態や希望に合わせて、皮膚科の医師が診断し、処方してくれます!

 

皮膚科でシミ消しをする料金

シミ消し,皮膚科,料金,薬

皮膚科のは皮膚のけがや病気などを診察し、治療するための病院なので、他の病院のように、病気や怪我などでおこる症状の場合は保険が適応されます。

しかし、シミ取りに関してはこうした健康目的ではなく美容目的になるので、保険が適用できず、高い費用になってしまう可能性が高いです!

 

そこで、皮膚科でシミ消しをするためにかかる料金も事前にチェックしておきましょう!

 

レーザー治療

まず、皮膚科のシミ消し治療で一番気になるのは、レーザー治療ですよね。

これは、シミの種類や、治療を受ける皮膚科によって異なるので、一概には言えませんが、5mmほどのシミで5000円くらいから治療が可能と言われています。

 

また、レーザー治療は、1回で治療が終わるかどうかはわからなりません。

医師に相談したり、肌やシミの様子を見ない診察しないと判断できないところなので、レーザーで完璧にシミを消すためにはもっと料金がかかる場合を想定していった方が良いでしょう。

 

投薬治療

先ほどご紹介したような内服薬での治療の場合価格費用は、1ヶ月分でおよそ3,000円~5,000円程度が相場と言われています。

そして、肌を内側から変えるためには、最低でも3か月~半年程度は続けるのが好ましいと言われていますので、全体で10,000円~30,000円程度は考えておくのが良いでしょう。

 

ケアは長期に渡りますので、その間にシミが増えるような行動をしていたら、効果も半減してしまいますので、紫外線対策なども並行しつつ、ケアを続けるようにしてくださいね。

 

クリームの治療

また、先ほどご紹介したような外用薬による治療でも大きな効果を得るには数か月は覚悟する必要があります。

ただ、先ほどご紹介したハイドロキノンは非常に効果が高い軟膏なので、1ヶ月程度で使用を一旦やめた方が良いそうです。

必ず医師の指示を守り、使用するようにしましょう!

 

ハイドロキノンの1ヶ月分の費用は約3,000円程度くらいのことが多いようです。皮膚科によっては上下しますので、確認をしてみてください。

外用薬のトレチノインは約6週間で使用を取りやめた方が良いそうです。相場は3,000円~6,000円程と言われています!

 

皮膚科でシミ消し費用まとめ

今回は皮膚科でシミ消しをする場合の費用などに関してまとめてきましたが、いかがでしたか?

レーザー治療に関しては受けられる皮膚科と受けられない皮膚科がありますので、その点は注意するようにしてください!

また、シミなどの美容系のケアを特に重視して、お医者さんのアドバイスをもらいたい・・・という場合は、その皮膚科のホームページなどで美容系の処方もしているとところかどうかをチェックしてから行くのがおすすめです。

 

保険適用外なので、普段の皮膚科の価格よりは費用がかかってしまいますが、市販のシミ消しクリームや内服薬を購入することを考えれば、出せる金額だと思いませんか?

皮膚科で処方を受けると、自分のシミの状態に適切な薬を医師の判断してもらえるので、より効率的にシミ悩みを解決していくことができますので、興味があるかたは、是非行ってみてくださいね。

 

-皮膚科

Copyright© シミ消しクリームまとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.